Windows vista 再インスト-ル。

メインPC(自作機)が4年を越えた。その間、致命的な不具合もなかったが、昨年あたりから本調子ではないことを感じていた。とりあえずやったことは同じHDDとバックアップソフトを購入し、HDDの完全コピーをして万が一使用しているHDDが故障した場合はコピーしたHDDと交換するだけ。という対策をとっていた。
しかし、1年の間にも新しいソフトやデータも増え、重くなる。それをコピーするとハード的な故障には有効だがシステムの不具合までコピーするわけだから快適さを取り戻せるわけではないのである。
そこでメンテナンスソフトで正常に戻そうとAdvanced SystemCarae5 proを使用したが(バックナンバー参照)結果は電源onからの起動は速くなったが、その代わり犠牲になっているものがあるらしく、ものすごく起動時間が遅いソフトがいくつかあって満足いくものではなかった。

こうなるとPCを快適にするためにはWindowsVistaの再インスト-ルかWindows8を視野にいれたハードの入れ替えしかない。win8は出たばかりでしばらくは様子を見ていたい。とはいえwin7は8への橋渡し的な気がして・・・
というわけでWindowsVistaの再インスト-ルに決めた。

まず、HDDのコピー。
今の状態がどうであれ、致命的な不具合はでていないのだから万が一に備えてコピーしておかなければならない。
画像

コピー用のHDDにケーブルを繋ぐ。このままだと下部の放熱ができなくて熱暴走して停止するのでケース内のHDD用のスペースにはめ込む。
画像


使用したソフトはParagon Hard Disk Manager Suite11
HDDをコピーするにはPC起動をCDから起動させなけれならない。
自作のPCなら電源をいれるとマザーボードの画面が短時間でるので、ここでは〈F12〉Boot Menuを急いで押す。
画像

Boot Menuの表示がでたら最初にBootさせるデバイスをCDROMにしてCDをセットした状態でMenuを終了させるとParagon Hard Disk Manager Suite11のCDからバックアッププログラムが立ち上がる。
画像

あとは手順に従ってHDD丸ごとコピーを選んで、コーピー元とコピー先を間違えないように進める。
画像

コピーが終わったらこのHDDを取り外し、元のHDDのWindows vistaを再インスト-ルする。
ここである疑問が出た。Vistaの入ったCDをCDから起動させようとしたら出来なかった。購入した時はハードと一緒にOEM版として購入したのですでにHDDにインストールされている前提だったのだ。4年も前だったのでどうやってインストールしたのか覚えてないがもしかしたらXPをインストールしてそれを上書きしたのかも知れない。
ということで今のVistaが起動している状態でVistaを再インストールするという方法になった。
あとはじっくり再インストールが終了するのを待つだけ。
画像


無事再インストールも終わり、たくさんあったソフトをインストールし直さなくてはいけない。ドライブを見てみるとD、Eのファイルはそのまま残っていた。Cは書き換えられていたが残っているファイルもあり、windouws.oldというバックアップフォルダも作られていた。そのためにCドライブはパンパン状態。これではソフトをインストール出来ないのでCドライブをパーティンション操作で拡張することにした。
ソフトはHDDコピーでも使用したParagon Hard Disk Manager Suite11。拡張するドライブをC。削られるドライブをDとEに設定した。この設定が悪かったのか結果はCドライブの拡張はされたがEドライブのデータが消えていた。またこの処理時間の長いこと。4時間くらいかかったかも知れない。こんなに時間がかかるのならwindouws.oldをほかのドライブに移したほうが良かったかなと思った。
コピーしたHDDをUSB接続して消えたEドライブのデータを復旧。USBが遅いのでこれも何時間もかかった。

Vistaのアップデータが百数十個あり、これも時間がかかった。最初でインストールに失敗して、マイクロソフトの修正パッチをインストールするよう指示があり、その後は失敗もなかった。しかしなかなかPACK2にはならない。PACK2じゃないとセキュリティソフトがインストール出来ない。アップデートを繰り返し、ようやくPACK2のアップデートまでこぎ着けた。セキュリティソフトをインストールしたらあとはこつこつソフトのインストール、アップデートをやるだけ。

古くて使わなくなったソフトや何か分からないソフトは破棄するようにした。でも何とかして使いたいソフトもある。
それは会計ソフトMicrosoft Money Plus である。Moneyはかれこれ13年使用しているがすでにマイクロソフトのサポートは終了している。再インストールしたら認証を求めてきた。しかしそれができなくなっていた。
データ変換で他の会計ソフトに取り込めないか探してもよささそうなのが見つからない。
検索するとMicrosoft Money Plus Sunset が代替ソフトとしてダウンロードできるらしい。
このまま認証できないまま使えなくなったら困るので代替でもつなぎでもデータを無駄にしたくないのでダウンロードしてインストール。認証もいらず、元のMicrosoft Money Plus と変わらない。感覚としては前のソフトの認証ができたような感覚。自分が使う分には機能に制限はひっかかってないのだろう。数年は使用できるらしいがその間に他社ソフトへの移行をやらなければいけない。
会計ソフト撤退の理由は米国での競争に完敗したかららしいが、代替となるソフトが日本になくシェアも高かったらしいので日本のユーザーがとばっちりを受けたということにならないだろうか。

4日ほどかかってソフトの再インストールもほとんど終わり、肝心の使い心地はというと快適である。現在メンテナンスソフトは入れてないが起動も速い。調子がいいうちはメンテナンスソフトは入れない方がいいかな。
これまでメインPCは次々OSをアップグレードしてきたがこのマシンはハードもソフトもまだまだサクサク動くのでアップグレードしようという気にならない。ノート型はすでに64ビットwin7になっているのだけど、それでも使い勝手はデスクトップにはかなわない。今回の再インストールで寿命はさらにのびることだろう。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック