ひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 初Uターンゴケ

<<   作成日時 : 2018/06/13 21:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

リターンライダーになっていつかは来る初ゴケ。
やってきました。

コケるにはいくつもの要素があるわけですが私の場合、

道路状況
   前方行き止まり
   ゆるい上り坂
   他の車輌なし
   広さ、問題なし

私の直前の心境
   ゆっくり回りたい。
   静かに回って適当な所で停車して景色を見たい。

行動
   速度を落とす
   駐車場出口を利用して大回りを始める。
   アイドリング状態になる。
   半クラッチを使っていない。
   エンスト、転倒。

画像

原因はゆるやかな坂であるにも関わらず、アイドリングでUターンした為のエンスト。
エンジンのアイドリングのトルクを過信していたのと長年の車のAT車感覚で半クラの意識が薄れていた事です。
そして引き起こしの時に腰を痛めてしまいました。
つまり三十数年のブランクの影響がここに出てしまったと言うことでしょう。
何度もぎっくり腰を患って、ガラスの腰になってる事もすっかり忘れていました。
去年五十肩で苦しんだので意識は肩にばっかりいってたのです。
若い頃はナナハンもヒョイと起こせたのでMT-25は軽いとイメージばかりは昔に戻ってました。
幸いにも動けないほどの重傷ではなくバイクに乗るのも苦ではなかったのですが、もしもまたコケたらバイクを引き起こす自信はなかったので腰の具合が良くなるまでバイクに乗るのは控えていました。

バイクの方は後で気づいたのですが、ハンドルを右にいっぱい切るとタンクカバーに当たっていました。
フロントフォークのねじれですね。
直し方を検索すると、数カ所ボルトを緩めてガシガシと上下に振幅させると元に戻るとありました。
トルクレンチもないので腰痛が良くなったらバイク屋でやってもらうつもりでいました。
ところが動画を見ていて、オフロード車のフォークのねじれを岩にコンコンぶつけて直してるのを見たのです。
昔、トライアル車で山の中で転倒した時、あんな事をよくやってた事を思い出したのです。
さっそく、やってみたらいとも簡単に直りました。逆にこんな簡単に直って大丈夫なの?
ボルトのゆるみは大丈夫か気になります。やっぱりトルクレンチは必要ですね。

2週間ぶりにバイクに乗りました。ならし運転の再開です。腰は大丈夫ですが運転がちょっとぎくしゃくしてますね。
中高年のバイク事故が増えているようなので気をつけたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初Uターンゴケ ひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる